Top message

静岡セキスイハイム不動産(株) 代表取締役社長 加藤拓也

若手にも多くのチャンスと成長できる機会を。
「ブランドNO.1」を目指し、社員と共にさらなる成長へ。

静岡セキスイハイム不動産(株)
代表取締役社長 加藤拓也

静岡県内戸建住宅着工実績ナンバーワンの住宅メーカー、セキスイハイム東海グループの不動産会社として創業20余年。
ここ数年は、賃貸管理に加えて不動産流通事業、つまり不動産の売買をサポートする事業を強化してきました。おかげさまで、静岡県内ではトップクラスの企業に成長することができました。

すべての原点は、グループ全体の行動基準でもある「お客様第一主義」。私どもに関わってくださったすべてのお客様に喜んでいただくことです。若い社員であっても、お客様に対しては不動産のプロとしての仕事をしなければいけません。そのためには社員教育が重要です。社員が成長するための研修には惜しみなく費用と力を注ぎ、かなりのこだわりを持って実施しています。
また、各営業所には、セキスイハイムグループの全国の表彰式で常連の優秀な営業マンが揃っています。レベルの高い先輩たちの中で仕事に取り組むことで、成長スピードは非常に早いと思います。宅地建物取引士など資格の所持率も97%と高く、プロとして必要な資格の取得に全社員が積極的に取り組んでいます。

不動産業界は人の入れ替わりが激しいと言われますが、当社は定着率の高さ、離職率の低さでも知られています。長く働ける会社にするために、社員が成長できる機会を設けることと、若手にもたくさんのチャンスが与えられること。どんな仕事でも同じですが、お客様と最初の接点を持つことが最も大変です。
「不動産を売る人と買う人を見つけて来て」と言っても難しいですし、飛び込み営業の時代でもありません。そこで、本社のマーケティング部門で一括分析して販促を取り仕切り、お客様からの問い合わせが増えるような施策を展開しています。もちろん、頑張った分だけいいこともある。表彰、決算賞与、社員旅行など、利益を社員に還元する健全な会社、社員と社員の家族が幸せで、誇りを持てる会社であり続けたいと考えています。

静岡セキスイハイム不動産(株) 代表取締役社長 加藤拓也

今後の不動産業界としては、2020 年までに中古住宅流通市場・リフォーム市場の規模倍増を実現すると日本再生戦略の一つとして発表されています。国策ですので確実に伸びていく業界だと分析しています。
当社も市場規模の拡大と、時代の変化に合わせた新たな分野への事業規模拡大に備えて人員を増やす計画です。
求めているのは、『お客様に感謝されるような仕事がしたい』という熱意と誠意のある人です。「ブランドNO.1を目指す」というグループスローガンのもと、社員と共に、さらなる成長へと力強く進んでいきます。

エントリーはこちら

ページの先頭へ