People

2014年新卒 賃貸管理営業 太田真理子

2014年新卒 賃貸管理営業 太田真理子

Mariko Oota

太田真理子

2014年新卒

賃貸管理営業

お客様と賃貸仲介業者様にアパートの魅力をアピール。

浜松エリアのセキスイハイム施工アパート約1000戸の管理、賃貸の仲介を担当しています。お客様に「魅力的なアパートだ」と思っていただけるよう、まずは賃貸仲介業者様に特長をしっかりアピール。うちのアパートに決めていただけるよう常にコミュニケーションをとっています。入社当時は、自分の名前と顔を覚えてもらうことに必死でした。3年目を迎えた今、私がおすすめした物件を仲介業者様がお客様に紹介してくださる件数が増え、確かな手応えを感じています。

「友だち、たくさんできたよ!」の声がうれしくて。

大学時代に4年間、学生マンションに入る学生たちを部屋に案内するアルバイトを続けました。その時に感じた責任と楽しさが今の仕事につながっています。お客様を案内する前の準備として、部屋の状態チェックと同時に、周辺状況の下調べも大事です。静岡県外から来られる方、浜松エリアのことを知らない方もいらっしゃるので、質問された時にすぐに答えられるよう、学校の学区、スーパーや病院の場所など、実際に歩いて現地確認。その時の印象もノートにメモしています。以前、県外からのお引っ越しで、お子様も小学校を転校というご家族がいらしたのですが、ご紹介したアパートは通学路。子どもたちがたくさん通る場所だったので、「友だちがたくさんできるといいね」と話をしていたんですね。ご入居後、アパートの点検で伺った時に、お子様から「友だち、たくさんできたよ!」と聞いて、本当にうれしかったですね。

結婚しても子どもが生まれても、ずっと仕事を続けたい。

昔から人と話すことが好きなので、個人のお客様、オーナー様、仲介業者様…と、いろいろな立場の方のお話を聞きながら仕事ができることにやりがいを感じています。職場もアットホームで、報告、連絡、相談がしやすい雰囲気ですし、研修旅行や夏のバーベキューなど社内イベントがあることもモチベーションにつながっています(笑)。結婚しても子どもが生まれても、仕事はずっと続けたいです。ポジティブにプラス思考で!これからは他のエリアも経験して、県内全域どこでも対応できるようにしたいと思います。

就活アドバイス

「多くの情報を集めることが大事。私は不動産が第一志望でしたが、アパレル、金融など様々な分野のお話を聞いた中でやっぱりここだ!と確信しました」

太田真理子の、とある1日

9:30

出勤/お客様の案内前準備

「事前にお客様のご希望に沿った物件をピックアップします。間取り、周辺環境などを熟知し、ぴったりなお部屋を紹介するために事前調査は欠かせません」

11:00

お客様の案内

「お客様と一緒にアパートへ向かいます。現地に着いたらまずセキスイハイム施工アパートの強みをご説明。お話の中でお客様の絶対条件を把握します」

13:00

入居申し込み契約

 

写真:入居申し込み契約

「入居決定!営業マンとして一番うれしい瞬間です。契約には様々な書類があります。アパートの設備・規約を確認しながら、自分で契約書類を作成します」

15:00

入居前のルームチェック

「お客様により良い状態でご入居していただくため、お部屋を隅々までチェックします。もし不具合があれば専属のリフォーム会社様に依頼して直します」

17:00

社内打ち合わせ

「一日の中で困ったことや疑問点があれば、この時間に上司に相談します。昼間は外に出ていることが多いので貴重な時間です。賃貸担当にとって、仲介業者様からの情報収集も大事な仕事です。問い合わせが多い物件・エリアなどをこまめにリサーチし、条件に合う物件があれば値下げをしたり、キャンペーンを行ったりします。担当毎で受け持つエリアは違いますが、密な情報交換をすることで、次の日の業者様訪問、お客様との打ち合わせでの会話が広がります」

エントリーはこちら

ページの先頭へ