People

2014年新卒 不動産仲介営業 富田泰臣

2014年新卒 不動産仲介営業 富田泰臣

Yasuomi Tomita

富田泰臣

2014年新卒

不動産仲介営業

常に問いかけ、お客様のニーズをとらえられるように。

不動産を売却したい方と購入したい方を結びつけるお手伝いをさせていただくのが私の仕事です。お客様が何を望んでいるのか、何が気になっているのか、何を不安に思っているのか…。常に問いかけをさせていただき、お客様のニーズをとらえられよう心がけています。不動産の知識はもちろんですが、銀行で融資を受けて購入される方もいらっしゃるので、たとえば、住宅ローンにはどういうプランがあるのかなど、金融に関する幅広い知識を深め、情報を得ることも必要です。特に、契約の際には絶対にミスが起きないよう、全神経を使います。

お客様の笑顔に心の中でガッツポーズ!

入社して間もない5月。先輩と一緒に中古住宅を購入したいというご夫婦を案内したのですが、先輩が急用で途中から私一人になってしまったんです。正直、困りました(笑)。そこで「自分は新人です」と素直に告白。「この家はここがいいですね」「もう少しこうだったらいいですね」など、各物件の印象や感想をお客様と同じ目線でお話しました。結果、その中の1軒に決めていただき、初めてのご案内で初契約となりました。本当にうれしかったですね。金融機関や様々な手続きも「お客様と一緒になって物件を購入していくこと」で無事に進められました。お引き渡しの時のお客様の笑顔!心の中でガッツポーズでした(笑)。今でも忘れられないし、自分の成長にもつながったと思います。

今、自分が先輩にしてもらってることを後輩たちにも。

社会人3年目となり、後輩たちも入ってくるので「わからない」なんて言ってられないのですが、わからないことがあったら職場に持ち帰って解決します。常に気にかけてくれる優しい先輩ばかりで、的確なアドバイスをいただいています。先日、同級生と会社の話になった時に「そんなにそんな相談に乗ってくれる職場はないよ!」と、うらやましがられました。将来的には、会社全体のことを考えられるような営業になりたいですね。そして、今、自分がしてもらっていることを後輩にできるような存在になることが目標です。

就活アドバイス

「視野は広く。一つの業界にしぼらず、人事担当者や卒業生などできるだけ多くの人の話を聞いておくと役立つはずです!」

富田泰臣の、とある1日

9:30

出勤/接客シュミレーション

「数ある不動産の中から、お客様のニーズに応えられる物件をご紹介できるよう業務はスピードを第一に。接客シュミレーションをしながら情報を確認します」

10:30

金融機関へ

 

写真:金融機関へ

お客様は気に入った物件があったとしても、果たしてその物件を購入できるのかと不安に感じておられます。特に、住宅ローンを組んで購入される方は、ご自身がどの程度の金額を借りられるのかを把握できていません。私たちが自信を持ってお客様の背中を押せるように、事前に銀行で融資が受けられる金額を確認します。また、お客様から申し込みをいただいた時に、住宅ローンについて的確なアドバイスができるように銀行の担当者から商品についての説明を受けます」

13:00

物件のご紹介

「お客様が来店される前に、事前にヒアリングしている内容から、お客様のご要望に合う物件をピックアップ。それぞれの物件の良さを説明させていただきます」

14:30

お客様との商談

 

写真:お客様との商談

「物件がしぼられてくると、資金計画を作成して購入時の費用についてご案内します。ここでお客様に物件の見どころをどれだけ伝えられるかがポイントです」

17:00

チームミーティング

 

写真:チームミーティング

「所長を中心に一日の業務を振り返ります。お客様との打ち合わせ内容を共有することで様々なアドバイスをいただき、定期的にロールプレイングを行います」

エントリーはこちら

ページの先頭へ