中古住宅、リフォーム市場の活性化と住宅ストックの質の向上を目指して 【フラット35】リノベ

10月1日申込受付分から取扱開始 【フラット35】の金利から年0.6%引下げ 本格的な制度の導入に向けて

フラット35リノベ リフォーム一体タイプと買取再販タイプで利用可能

住宅金融支援機構はこのほど、中古住宅の購入と併せてリフォーム工事を行う場合に、借り入れ金利を「フラット35」の借入金利から一定期間年率0.6%引下げる制度「フラット35リノベ」を創設。10月1日から申込みの受付けを始めると発表した。

「フラット35リノベ」は(1)中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合の《リフォーム一体タイプ》と、(2)住宅事業者により既に性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する《買取再販タイプ》に利用できる。一定の基準を満たす性能向上リフォームのほか、インスペクション(住宅診断)や瑕疵保険の付保などを行うことが融資の要件。既存住宅部分のすべてを取り壊す工事を行う場合は対象外となる。

金利引下げ期間は、10年間の金利Aタイプと5年間のBタイプで、ともにフラット35の借入金利から年率0.6%引下げる。受付け期間は2017年3月末までだが、予算金額に達する見込みとなった場合は受付けを終了する。

なお「フラット35」リノベは、「フラット」35を活用した性能向上リフォーム推進モデル事業として住宅金融支援機構が独自に実施するもの。中古住宅、リフォーム市場の活性化と住宅ストックの質の向上を図ることを目的に、本格的な制度の導入に向けて、制度の効果や有効性を検証するために試行的に実施される。

■ 【フラット35】リノベの金利引下げプラン

表:【フラット35】リノベの金利引下げプラン

【フラット35】リノベ 金利Aプラン の技術基準

(1)から(6)までのうちいずれか1つ以上の基準に適合させる性能向上リフォームを行うこと

省エネルギー性 (1)認定低炭素住宅
  (2)一次エネルギー消費量等級5の住宅
  (3)性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)
耐震性 (4)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
バリアフリー性 (5)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)
耐久性・可変性 (6)長期優良住宅
【フラット35】リノベ 金利Bプラン の技術基準

(1)から(5)までのうちいずれか1つ以上の基準に適合させる性能向上リフォームを行うこと

省エネルギー性 (1)断熱等性能等級4の住宅
  (2)一次エネルギー消費量等級4以上の住宅
耐震性 (3)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
   2以上の住宅
バリアフリー性 (4)高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
耐久性・可変性 (5)劣化対策等級3の住宅で、かつ維持管理
   対策等級2以上の住宅

【フラット35】リノベの毎月の返済額・総返済額の試算

【試算例】借入額3,000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利金等返済、ボーナス返済なし、借入金利年0.93%の場合 ※2016年7月において返済期間が21年以降35年以下、融資率9割以下の場合で取扱金融機関が提供する最も多い【フラット35】の金利表:【フラット35】リノベの毎月の返済額・総返済額の試算

出典:住宅金融支援機構【フラット35】リノベ(性能向上リフォーム推進モデル事業)

編集協力 静岡情報通信

投稿日:2016年9月20日

不動産の知識・最新ニュース

お役立ち情報一覧へ

5,000件以上の物件の中から、購入希望条件にあった物件をご紹介!
新着物件情報・お得な情報がメールで届く!
不動産をお探しの方はいますぐ登録!

希望の物件が見つからない方に、住まい探しに便利なサービス! しずなび会員限定サービス

マイページで情報収集がラクラク。5,000件以上の物件の中から、購入希望条件にあった物件情報をご紹介!

購入希望条件にあった新着物件情報を随時メールでお届けします!

新サービスやお得なキャンペーン情報をいち早く配信!