People

2019年新卒 コインパーキング営業 吉田健一郎

2019年新卒 コインパーキング営業 吉田健一郎

Mitsuhiro Sone

吉田健一郎

2019年新卒

コインパーキング営業

駐車場から始まる地域貢献

空き地になっている土地や月極駐車場の空いている区画を当社で借り上げし、コインパーキングの運用・管理をしていく。それが私の仕事です。日々、住宅地図を広げ、駐車場がある場所や空き地をチェック。その中で、コインパーキングとして地域需要がある場所を徹底的に探し、気になる場所があれば実際に足を運び、現場調査に行きます。現地調査では、コインパーキングにしたら何台の車を停めることができるか、車の通行量・需要はあるか、周辺に人が集まる施設はあるか。など様々な視点から、その土地の事を調査。その上で調査した結果をまとめデータ化し、駐車場を管理されている地主様、空き土地を所有している地主様にコインパーキング運用の提案をしていきます。運用開始した後は、日々のコインパーキングの運用状況・収支をチェック。平日、休日でコインパーキングにどれくらい車がとまっているか。周辺の競合コインパーキングの状況は。近隣にお住いの方に認知されているか。等々を検証しながら、コインパーキングの新規開拓営業と運用管理をスピード持って活動しています。

自分が手掛けたコインパーキングが満車に。

新規開拓営業はスピード感が大事。空き土地を探し、現地調査を行い、地主様にすぐに提案。土地を借り上げするための契約、コインパーキングとして運用が決まる。この流れがスムーズにピタッと決まった瞬間は最高にやりがいを感じます。ただしコインパーキングの運用開始は新たな仕事の始まりです。実際にコインパーキングとしての運用を開始すると、お客様の車を停めやすい環境整備や認知度向上のための広告活動を実施。コインパーキングの稼働率を上げるための地道な施策を日々行っています。コインパーキングの稼働率が下がってきた現場では、周辺の競合コインパーキングの動向をチェックし、状況に合わせた対策、駐車料金の見直しなどの判断も私自身がしていきます。1つ1つの活動の結果、売上増加や自分自身が手掛けたコインパーキングが満車になっている現場を見ると、とても充実した嬉しい気持ちになります。コインパーキング営業に配属された時は、分からないことだらけでしたが、今ではとても楽しく仕事ができていると実感しています。

休日はとにかく遊ぶ!

写真:先輩たちの仕事

私は生粋のアウトドア派。同期の社員を誘ってキャンプへ行ったり、会社の先輩とバーベキュー、1泊2日で山登りにも行ったりもしました!冬はスノボードを楽しみにしています。

就活中の方へのメッセージ

動ける今はとにかく興味があるところ、ないところ関わらず、いろんな業種のインターンや説明会に参加するのがいいと思います。幅広く行動し、自分の考えに縛られず、会う様々な情報に耳を傾けることが大事だと思います。

エントリーはこちら

ページの先頭へ