売りたい方

『売却住みかえ準備』ポイントはここ!不動産売却Q&A

不動産売却査定・売却を依頼するにあたっての疑問

Q

不動産売却査定を依頼する際、費用はかかりますか?

A

不動産売却査定は、無料です。根拠ある査定報告書も無料でご提出いたします。

静岡セキスイハイム不動産では、宅地建物取引業法の趣旨に基づき、金融機関や裁判所でも利用されている不動産売却査定システムをベースに、現地調査・成約事例・市場動向等を勘定の上、不動産売却査定を実施し、現在の市場予測をもとに根拠ある不動産売却査定報告書を無料でご提出させていただきます。
Q

不動産調査・不動産売却査定に必要なものを教えてください。

A

売却する不動産の詳細が分かるものを準備しておくとスムーズです。

(準備物の例)
建築確認通知書(土地の測量図、建物の図面)・固定資産税納税通知書・権利証(所有不動産の面積や名義人を確認するために必要)・購入時の売買契約書・分譲時のパンフレット(マンションの場合)
上記のような売却する不動産の詳細が確認できるものを準備しておくと、不動産調査・不動産売却査定がスムーズに進みます。
Q

不動産売却査定はどのようなことをするのですか?

A

ご所有の不動産が「いくらで売れるか」をプロの目で判断するのが査定です。

静岡セキスイハイム不動産では、地域に精通した営業担当がご所有の不動産の現地におもむき、ご売却物件の管理状況や敷地状況、売主様から教えて頂いたセールスポイントなど、あらゆる角度からチェックするとともに、不動産の成約事例データ3000万件をベースに、根拠ある不動産査定価格を無料でご提示

査定価格を決めるポイント

1.
周辺の類似物件の最近の売買事例
2.
物件の付加価値要素
3.
周辺の平均坪単価
4.
建築年数(リフォーム履歴)
5.
広さ・間取り
6.
管理状況
7.
内装・設備・外構などの状況
8.
日照・眺望・接道状況など
9.
法令上の制限の有無
10.
地価の動向(一戸建て)ほか
では、不動産売却査定前にはきちんと掃除をして、少しでも綺麗に見せたほうがよいかというと、そこまでは必要はありません。広告宣伝活動を開始させた後、実際に購入希望者様が内覧に来るときには必要ですが、不動産売却査定の段階では築年や広さ、日当たりなど、どちらかというと客観的な視点が不動産査定価格を決めるポイントになるからです。
したがって、普段の生活のままで問題ございません。
そのため、不動産の売却を検討しているのであれば、もっと気楽に不動産売却査定をご依頼いただければと思います。
Q

抵当権・住宅ローン残債があっても、自宅の不動産売却はできますか?手続きは?

A

条件はございますが可能です。お手続きもサポートさせていただきます。

破産を除いて、借入銀行に抵当権・住宅ローン残債を残して不動産売却することはできません。
したがって、抵当権・住宅ローン残債がある方は、抵当権・住宅ローン残債より不動産売却代金(諸経費差引後)に自己資金を足した合計金額が高ければ売却することができます。
合計金額が足りない場合は、フリーローン(住みかえ先へ付け替え含む)を組むという選択もございますので詳しくはご相談ください。
不動産売却をご依頼いただければ、必要になるお手続きも静岡セキスイハイム不動産がサポートさせていただきます。
Q

売却する自宅に住みながらでも不動産売却はできますか?

A

もちろん可能です。

一戸建てやマンションの場合、多くの売主様が居住されたまま広告宣伝活動をおこない、不動産売却を完了しております。購入希望者様による内覧が発生した場合は、静岡セキスイハイム不動産が窓口になり、内覧の日程調整をおこない売主様のご都合の良いお日にちでご案内をさせていただいております。
Q

自宅の住みかえをする際、売却と購入はどちらを先にした方がよいですか?

A

不動産売却代金で住みかえ先を購入する方は、売却を先行させるのが良いでしょう。

住宅ローン残債がある場合、完済してからでないと新規に住宅ローンを組むことができません。したがって自宅の売却が最優先となります。
住宅ローン残債がなく完済している、また住みかえ先は住宅ローンを組まずに現金で購入ができる売主様などは、住みかえ先の購入を先行させることができます。
Q

不動産売却にあたって、不動産会社はどんなことをしてくれるの?

A

広告宣伝活動から購入希望者様との交渉まで、売主様の不動産売却を責任もってサポートします。

不動産を売却するとき、不動産会社に売却を依頼し、買主様が決まった時点で、報酬として不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。では、実際に不動産会社はどんなことをしてくれるのでしょうか。
その答えは、不動産の売却に関わるほぼすべての交渉・調整を行うと考えてください。
もう少し具体的に説明しますと、まず始めに売却のための不動産売却査定を行い、売却活動計画を立てます。次に実際の広告宣伝活動を行い、売主様と購入希望者様との間に立って、金額面や引渡し時期などを含めた細かな条件調整、交渉を行います。
その上で不動産売買契約や売却に必要な諸経費や書類などを整理、リストアップし売主様にご報告いたします。
静岡セキスイハイム不動産では、営業スタッフが中心となり、有資格者の専門スタッフ、売却にかかわる取引業者と連携し、それぞれの専門性を活かしつつ、チーム一丸となって売主様の不動産売却を責任もってサポートいたします。
Q

不動産の買取はしてもらえますか?

A

可能です。

とにかく早く、確実に、売却したいお客様には「即時買い取りサービス」をご提案いたします。
仲介手数料がかからない上、ご近所に知られることなく不動産売却ができ、引渡しの時期もお客様自身で決めることができます。ご状況やご要望をお聞かせいただき、「仲介による売却」「買取による売却」どちらがお客様にとって、メリットになるかも含め、ご提案させていただきます。ご遠慮なく営業担当にご相談ください。
※地域や条件により、お取り扱いできない場合がございます。
Q

不動産を売却する際、測量はしないといけないですか?

A

敷地の境界が不明確の場合は必要です。

不動産売買をする際に、対象となる不動産敷地の境界明示は売主様の義務となります。
不動産売買取引後に買主様が隣地所有者と境界トラブルになった場合、売主様にもご面倒をおかけしてしまいます。
境界についてはトラブルになるケースが多く1箇所でも境界標が不明確の場合はトラブル防止のため、測量を実施し境界標を明確にすることを売主様にご提案しています。
境界標を明確にすることで、購入希望者様も安心して購入することができます。
Q

古家がある場合、売り出しの時点で解体しないといけないですか?

A

売り出し時に解体する必要はありません。

引渡し条件が古家の解体更地渡しの場合、解体を実施するタイミングは、買主様が見つかり、不動産売買契約締結後に解体をしていただくことになります。
売り出し時点で、解体し更地にするメリットとしては、購入希望者様が見学に来た際に建物建築イメージがつきやすい点がございますが、多くの売主様は建物を残したまま解体更地渡しの条件で不動産売却活動をおこなっております。
Q

インスペクション(住宅検査)とはなんですか?

A

住宅の現状検査を行うことをいいます。

建築士の資格をもつ専門の検査員が第三者的な立場で、目視、動作確認、間取りなどで「住宅の現状検査を行うこと」をいいます。
平成30年4月より施行となる宅地建物取引業法の改正により、宅建事業者は取引を行う売主様や買主様に対して、媒介契約時に、建物状況調査(インスペクション)の説明や事業者の紹介を行うことになりました。現地にて自らの目で確認するしかできなかった中古の不動産に、第三者による専門家の検査が入ることで、売主様、買主様にとってより安心な取引をおこなうことができる市場が形成されていきます。
Q

不動産会社を通さず、個人間で不動産売却する事は可能ですか?

A

トラブルを避けるためにも不動産会社を介在させることをお勧めします。

不動産会社を介在させない取引を相対取引といいます。
不動産売買契約は当人同士で締結することは可能ですが、売主様と買主様の義務と責任をどのように取り決めるか。住宅ローン利用がある場合、資金の授受をどのように行うのか。売主様に住宅ローン残債がある場合、抵当権の抹消はどのように行うのか。等々、不動産売買取引において、取り決めと手続きはさまざまです。
不動産売買取引後のトラブルを未然に防ぐためにも、不動産会社を介在させることをお勧めします。

住所から不動産査定

今すぐ査定額をチェック

  • STEP

  • STEP

  • STEP

お急ぎの方はお電話が便利です

フリーコール:0120926255

新型コロナウイルス感染拡大に
伴う対応について

対面での面談、交通機関での移動に不安を感じられる方は、WEB面談や電話での相談も可能です。ご要望に応じて対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

WEB面談は弊社からお知らせするWEBサイトにアクセスしていただくだけでご利用可能なシステムです。

不動産売却方法 代表的な3パターン

静岡セキスイハイム不動産の不動産売却査定は不動産査定システムをベースに、現地調査・成約事例・市場動向等を勘定の上、不動産売却査定を実施。
当社では、現在の市場予測をもとに根拠ある査定報告書をご提出・ご説明した上で、売主様にとって、より最適な売却方法をご提案いたします。

売却はしない。けど
持っている土地は収益化したい方には

静岡県で土地活用なら安定収入の駐車場経営

さらに詳しくはこちら