売りたい方

『売却住みかえ実践』ポイントはここ!不動産買替え・住みかえの流れ

STEP-1住み替えの全体プランを立てる!

売却購入

  • 住み替えの計画を立てる
  • 自己資金・ローン残債を確認
  • 売却物件の価格相場を調査
  • 情報収集力・提案力・信用度などから、住み替え相談をする不動産会社を決める

POINTここでのポイント!

住み替えの目的を必ず明確に

家族会議を開いて「なぜ買い換えたいのか」について話し合ってみましょう。そして買い換えの全体プラン(いつまでにどのような住まいに買い換えたいか。予算はいくらくらいまでか)を明確にしましょう。
なお仲介会社に相談すれば諸費用がいつ・いくら必要か、あるいは法律や税務相談にも応じてもらえます。より具体的な買い換えプランをつかむために利用してみるのもいいでしょう。

住み替え相談の依頼先を選定

住み替えの成功・不成功のカギを握っているのは、これから依頼することになる不動産会社の実力によるものが大きいです。
どのような情報ネットワークを持っているのか、スピードをもって対応してもらえるのか、資金計画をバックアップするローンなどの有無、安心・安全を確保するサポートなどの有無をチェックして判断しましょう。

住まいの「売却」が先?それとも「購入」が先?

住み替えを行なう場合、「不動産売却」と「不動産購入」のタイミングが重要です。
同時に行なえるのがベストですが、現実にはなかなか難しいものです。そこで、不動産売却先行タイプ、不動産購入先行タイプ、それぞれのメリット・デメリットを比較し、お客様にあった住み替え方法を検討してみましょう。

売却先行タイプとは?

先に住まいの売却を行ない、資金計画をはっきりさせてから、新しい購入物件を探す方法です。購入物件が決まっていない場合は、安心で確実な方法です。

○ メリット

  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額がはっきりするので、購入物件の資金計画が立てやすい。
  • 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などの面でもある程度余裕を持って進められる。また、たとえ住み替えを中断したとしても住む家は残ります。

× デメリット

  • 住まいの売却が決まると、買主に不動産を引き渡す日までに、新しいお住まいを探す必要があります。
  • 購入の不動産物件がなかなか決まらない場合、仮住まいをする必要が出てくるため、引越し手間や仮住まいの出費がかかります。

購入先行タイプとは?

先に購入物件を決めてから住まいの売却を行なう方法です。売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕のある場合には有効な方法です。

○ メリット

  • ご希望の条件にあった購入物件を、気長にじっくり探すことができます。
  • 仮住まいなどの余計な費用がかからず、引渡し・引越しもスムーズにできます。

× デメリット

  • 新しい不動産の取得までに今までの住まいを売却できない場合、ダブルローンになる場合が考えられます。
  • なかなか売却できない場合、どうしても売りあせって、買主に売買の主導権を握られてしまう可能性もあります。

住所から不動産査定

今すぐ査定額をチェック

  • STEP

  • STEP

  • STEP

お急ぎの方はお電話が便利です

フリーコール:0120926255

新型コロナウイルス感染拡大に
伴う対応について

対面での面談、交通機関での移動に不安を感じられる方は、WEB面談や電話での相談も可能です。ご要望に応じて対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

WEB面談は弊社からお知らせするWEBサイトにアクセスしていただくだけでご利用可能なシステムです。

不動産売却方法 代表的な3パターン

静岡セキスイハイム不動産の不動産売却査定は不動産査定システムをベースに、現地調査・成約事例・市場動向等を勘定の上、不動産売却査定を実施。
当社では、現在の市場予測をもとに根拠ある査定報告書をご提出・ご説明した上で、売主様にとって、より最適な売却方法をご提案いたします。

売却はしない。けど
持っている土地は収益化したい方には

静岡県で土地活用なら安定収入の駐車場経営

さらに詳しくはこちら